倉庫への侵入を防ぐハクビシン対策で糞の悩みも解消!

ハクビシンをすぐに捕獲してはいけない理由 ハクビシンをすぐに捕獲してはいけない理由

忌避グッズを使ってハクビシンから倉庫を守る

ハクビシン対策とは言っても、具体的には何から行なえばいいのでしょうか。まずやるべきなのは、倉庫に侵入させないことです。忌避グッズを使用した方法をご紹介します。

ハクビシン対策するために必要な基本的な知識

ハクビシン対策するには3つのことを意識することが大切です(駆除業者スタッフ)

ハクビシン対策の基本は、「エサをなくす」「寝床になる場所をなくす」「侵入経路を塞ぐ」の3つです。まずエサについては、倉庫周辺に生ゴミやペットのエサなどを置かないことが大切。甘い果実を好むので、ジュースの入っていた缶やペットボトルにも注意しましょう。寝床については、雑草の手入れや倉庫の点検をこまめに行なうことが有効です。また、壁に身を隠すことができるような穴があれば、塞いでしまいましょう。最後に侵入経路を塞ぐ方法ですが、まずは侵入経路を特定する必要があります。ハクビシンには同じ経路を通るという習性があるので、獣道を探してみてください。獣道を見つけたら、その周辺の見通しがよくなるように雑草の手入れや掃除などを行いましょう。見通しがいい場所は、警戒してあまり近づいてきません。

倉庫に近づけさせないハクビシン対策とは?

上記の対策以外に、忌避グッズを使用して倉庫への侵入を防ぐ方法があります。ニンニク・石油・狼の尿の臭いは、ハクビシンが嫌う臭いです。これらの臭いがする忌避剤を倉庫周辺に撒いておけば、自然と近寄らなくなってくるでしょう。また、電気柵や青色LEDストロボといった忌避グッズも有効。フェンスも忌避グッズとして有効とは言われていますが、ジャンプ力のあるハクビシンには飛び越えられてしまう可能性があります。効果を高めるために、電気柵や忌避剤と併用することをおすすめします。

倉庫に入れない

倉庫に侵入させないようにハクビシン対策をしておけば、面倒な糞の掃除はしなくていいですし、住みついてしまう心配もなくなります。簡単な方法で済むうちに、対策してしまいましょう。

TOPボタン